FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝取られ小説( 健太の再婚 ) 

池田夫婦は夫健太43歳、妻小枝子34歳の晩婚で、小枝子は再婚であった。
年齢的にも割り切った会話ができる結婚だったのです。
小枝子が男性経験が豊かということもあり、また、健太自身がセックスに自信が無く、結婚と同時に小枝子を喜ばすことができないという後ろめたさから軽い気持ちでスワッピングをすることになったのです。
勿論最初は小枝子は躊躇して見せたが、年齢的にもまた、再婚ということもあり、あまり奥ゆかしいポーズも不要だったのかもしれない。
小枝子は健太の言うようにスワッピングに多少の興味も持ち、了解してしまいました。
小枝子には健太の知らない性癖があったのです。
女性の多くがそうであるように、小枝子もまた所謂レイプ願望があったが、それがやや強く、倒錯的な性経験を持っていました。
それは健太と再婚する前に世間によくある不倫に溺れ、SM的な関係で夫以外の男性に身体を委ねていた経験があったのです。
不倫相手はかなり年上で、性的には虜にされ、溺れて行きました。
そんな不倫に溺れる夫婦生活は続かず、離婚となったとう経緯がありました。
この時、虜にまでなっていた不倫相手との関係も清算し、今の健太と再婚したのです。
やはり普通の主婦になってこそ幸せな家庭生活があるのだと、そう思ったからでしょうか。
しかし、不倫、被虐的な快感といった隠微な香りが、スワッピングという言葉で小枝子の心に蘇ってしまったのです。
何も知らない健太はまんざらそうでみない小枝子を強引にスワッピングへと導いたのでした。
その手では奥手な健太は、インターネットの掲示板でスワッパーを募集しました。
小枝子はスワッピングと聞いて、過去の不倫体験から相手が若い夫婦であるとおそらく性的に満足させてもらえないのではないか思い、また、若いカップルだと健太が若い人妻に夢中になってもいけないなどと勝手な気持ちになったのです。
「ねぇ、あまり若い人たちではない方がいいと思うし、貴方が心配だしね」
健太はその言葉に小枝子に愛されていると勘違いし、嬉しく思いました。
そして、もともとは小枝子が満足してくれればという思いもあり、また、自分が性的なテクニックに乏しいという自信の無さからも中年の単独でも可能だということにしようと言い出したのです。
小枝子は自分だけだと後ろめたい気持ちもあり
「夫婦でなくてもいいからカップルの方でもいいじゃない?」
そんな会話が続いた。
しかし、その時すでに小枝子の心の中にはあのSM不倫の被虐的な興奮への期待で胸が一杯になっていたに違いありません。
そして、
掲示板
私たち夫婦と割り切った交際をしませんか?
仲の良い再婚したての夫婦です。
夫K43歳妻F子34歳
中年の方で妻を安心して預けられる方を希望
カップル、単身の方可
などと掲示板で募集してしまいました。

そして或る日、56歳の単身男性が連絡してきました。
>当方若いカップルとの交際経験豊富
>多少倒錯的なプレイで奥様を夢の世界へ自信があります。
>一度、お会いできれば幸いです。
>K・武雄
今思えば、小枝子は倒錯的なプレイという言葉を見た瞬間、過去のあの体験が頭を過ぎり、ついつい
「こんな中年の方ならあなたも安心ね」
などと健太を誘導するようなセリフを話してしまった。
まったく自然の成り行きなのでしょうか。

単身男性ということもあり、健太は小枝子に一人で行ってくればいいといいました。
事の成り行きからか、愛する妻に不倫を勧める夫に成り下がっていたのです。
健太は事の重大さも意識しておらず、ただ、小枝子が良かったといってくれればいいじゃないかと、嫉妬心はあるものの、気持ちはかなり軽いものだったのです。
結局、翌週の土曜日に小枝子はその中年男性と会うこととなったのです。

そして、当日。。。。。。。。
小枝子を送り出すと、始めて健太は嫉妬心とある種の興奮を覚えたのです。
寝取られる被虐的な興奮でしょうか。。。。。。。。。。。
小枝子を送りだして2時間が経過しました
もし、気がすすまなければもうとっくに帰ってくると連絡があるはずだ
K・武雄なる男は経験豊富とか言っていた。。。。。。。
今頃。。。。。。。。。
「若い奥さんだね」などと褒めつつ
「なに、ご主人下手なのか」などと
純真な小枝子の身体に触れながら。。。。。。。
健太は小枝子が男に組み敷かれていることをどうしても想像してしまうです
いや、想像ではないでしょう
今頃、本当に小枝子は男に抱かれ
女を抱きなれた中年男の指使いで女の喜びの声をあげ
絶頂を向かえ、接吻を交わしながら
「愛している」
などと言わされ
小枝子の肌を楽しんでいるのだろうか
健太はこの場に及んで後悔し始めたのです。
でも、もう遅い
心の中で小枝子が
「やっぱり、私、だめだわ
あなた以外の人なんて、考えられない」
そんな言葉を期待していたのでしょう
もし、その男を気に入ってしまったら。。。。。。。。。。。
いや、中年のオヤジだから、大丈夫だよ
でも、性的に虜にでもされたら離れられなくなるなんて言う話も聞いたことがある

健太は複雑だった。
本当は小枝子からやっぱりやめたといって中止になることを望んでいたのですが、それでいて言葉に尽くせない期待のような、興奮のような不思議な気持ちがあったのです。
小枝子を送り出したのは午前11時だったが、小枝子が帰宅したのは夜の7時を回っていた。
帰宅すると
「ただいま」
元気よく帰宅した小枝子の姿を見て、健太は安心した。
健太は何があったのか聞き出したかったのですが、中々話を切り出せません。
それは健太がいやらしいセックスを想像してしまったからです。
結局何も言い出せず、また小枝子も
「食事までご馳走になったのよ、Kさんとても素敵なロンマンスグレーな紳士だったわよ。
明日、あなたも来てって言ってたわ
あなたにメール送るっていってたから
それからセックスはしていないから フフフ」

夫婦で明日?
どういうことだろうか
セックスは無かったという言葉を聞いて安堵した健太はあまり不思議には思わなかったのです。
メールが気になるので健太は夜一人でメールを見ることにした。

小枝子さんのご主人様
今日はありがとうございました。 
小枝子さんと軽くスキンシップをして語りあいました。
彼女はレイプ願望のある女性であることや、まぁ色々なことが判りました。
さて、手短に申し上げますが、明日、お二人でおいでください。
場所は下記の倉庫です。
目的地へは判りやすいので倉庫で待ち合わせとしました。


倉庫?
なんで倉庫なんだ
まぁいい
レイプ願望がある。。。。。。。
色々な事。。。。。。。。
なんだろう
小枝子にはレイプ願望があったのか。。。。。。。。。。。
いや、女性なら誰でもあるものだから

そして、健太と小枝子は指定された倉庫へ出かけていった。
そこには背の高い中年の白髪頭の品のよさそうな男が立っていた。
この男がK・武雄か。。。。。。。
倉庫の管理室の男と話をしているので、どうもこの倉庫と関係があるのだろうか。
挨拶をすると倉庫の人らしき男は
「それじゃあ」と倉庫の人は深々とK・武雄なる男に頭を下げて帰っていった。
K・武雄は管理室へ入るよう案内された
「一応、奥さんとはプレイというか、交際をするということで、ねぇ、小枝子さん。
それで、一応お互いの意思というものがあるんで、とりあえず1ヶ月の期限を決めてということで、あとでトラブルがあると困るのでこの書類にサインしてくれませんか。
拇印でいいですから」
小枝子もにこやかにしています。
書類にはK・武雄と小枝子の大人の交際を容認するというものでした。
ただ、SMプレイを織り交ぜ、それはK・武雄に小枝子もすべて任せるという内容でした。
健太は驚いて
「SMプレイって・・・・」
「いや、それはね、小枝子さんと私もね、そういう嗜好があるとわかってね。
まぁプレイだから、私は経験があるんでプレイ内容は私に任せるといもんじゃないとしらけちゃうでしょう。
そういう意味ですよ。」
健太も不信には思ったものの、言われるままサインをして拇印を押したのです。
するとK・武雄は
「よーし」
サインを終えると勝ち誇ったような態度になりました。
そして大きな声で
「おまえら、こっちへ来い」と叫びました。
すると暴走族の格好した突っ張った16~18歳といった男2人とイカレタ感じの17歳ぐらいの女の3人が管理室へ入ってきました。
いったい何が起ころうとしているのか健太も小枝子もわからないままただ、怯えるような気持ちでじっとしていました。
一人の茶髪の男はマサと呼ばれていました。
もう一人の男はショーと言うらしい
女はピーと呼ばれています。
マサが管理室の扉の前に立ち、ショーとピーが小枝子を囲むような状態で立っています。
あれほど紳士的だったK・武雄は、健太に向かって
「おい、お前の女房はレイプ願望があるんだよ
だから喜ばしてやるんだから有難く思え」
小枝子もその言葉に怯え、「そっ、そんな・・・」
健太はあわてて小枝子の手をとって逃げようとしましたが、マサが立ちはだかって怒鳴りました
「おっさん、ふざけんなよ
武さんがいってんだろう
おい」
「たっ、武さんって、君、小枝子は嫌がってるんだから」
K・武雄は「書類にサインしたよな、1ヶ月は俺の言うとおりする契約だ。
勝手なこというんじゃねぇよ
ピー、2階から布団もってこい
ショーここを空けろ」
ショーは机などをずらして広場のような空間を作りました。
ピーは2階から布団を持っておりてきました。
K・武雄はまるでヤクザのようです。
「ここはな、倉庫で運転手が出入りしてるからシャワーもあるんだよ
丁度いいだろう
小枝子シャワーを浴びて来い
俺たちはもう浴びたからお前だけだ
そのままでいいならいいがどうする」
ピーが小枝子を引っ張ってシャワーへ連れて行きました。
するとマサが健太に近づいてきて、襟首を掴み
「おっさん裸になれよ
 裸なら逃げれねぇだろう
はははは」
健太は振るえながら服を脱ぎました。
マサは健太の服を全部脱がせると手提げ袋へ入れて、2階へもってゆきました。
ショーは「おっさん、おまえの女房がオマンコされるの嬉しいのか、おい」
健太はただ、下を向いているだけでした。
小枝子がシャワーから出て、再び服を着て戻ってきました。
健太が裸なのを見て驚いた様子ですが、恐怖のためか言葉がでません。
マサは扉に鍵をかけると近寄ってきました。
ピーが「おばさん、布団の上に座んなよ、ほら」
小枝子はいわれるまま布団の上に正座しました。
ピーは「おばさん、オマンコしてってお願いしなよ」
小枝子は強制されて猥褻な言葉を言わされます。
ピーは「おばさん、言葉だけじゃだめだろう
みんながその気になるようにしなよ
おばさん
ほら、股開いて見せておねだりしなよ
はははは」
健太は思わず「やめてくれ!」
するとマサが健太にピンタをしました。
バシッ!
健太はその一撃で、怯え、声もでなくなりました。
「わら!おっさんよ
おめぇの女房がオマンコしたがってんだろう
おい、何がやめろだ
えらそうな事ぬかすなコノヤロウ!」
ピーは小枝子の髪を掴んで「おばさん、抵抗したらどうなるか知らないよ、あんたがオマンコしてほしいんだから」と叫びました。
小枝子は命令されるままデニムのスカートをまくり、白いパンティーが見えるようなしぐさでお願いをしています。
K・武雄は「ショー、お前からやっていいぞ」
ショーは小枝子の前に行き、小枝子に抱きつきました。
すると、ピーが「ほら、おばさんオマンコしてもらうんだろう
ショーちゃんの服脱がせてやんなよ、ほら」
小枝子は丁寧にショーの服を脱がせました。
こんな少年が。。。。。。。。
ピーは「おばさん、オチンチン立たせてあげなきゃだめだろう
なんでも言われないでやれよ」
小枝子がショーの陰部を口で愛撫すると若いショーはたちまち陰部は直立したのです。
ショーはパンティーから小枝子の股間を触り出しました。
ピーは「ほら、おばさん、前儀なんていらんでしょう
ショーちゃん入れちゃいなよ」
ショーは「あれ、コンドームなかったっけ」
ピーは「馬鹿言わないでよ、レイプだろう
そのまんまいれなよ
おばさんお願いしなきゃ
つまんないだろう」
小枝子はナマで入れられると思い、抵抗しました。
するとピーは小枝子のあごを掴んでピンタしたのです。
「おばさん、抵抗したらどうなるか知らないよ
ほら、あんたからお願いして入れなよ
あばずれ!」
すべての抵抗をあきらめた小枝子はショーのナマでの挿入を迎えたのです。
ショーは小枝子を抱きしめていきなりピストンを始めました。
その横でマサとピーは野次を飛ばします
「おばさん、毎晩やってのか」
「オマンコ、パカパカじゃねぇのかよ」
若いショーはすぐに
「イキそうだ」と叫びました
小枝子は「そっ、外へ、外へ出して、お願い」
健太も土下座して「お願いします。すみません、中には、中には出さないでください。お願いします」
ピーはすごい形相で
「何いってんだよ
ショーちゃん、そのまんま
ピーッ、ピューツって出してよ
おばさん、中出しのお願いしなよ
ほら、オマンコ中出しだよ
はははは」
そういい終わるが先か、ショーがうなり声を上げて小枝子の膣内で果ててしまいました。
夫婦揃っての抵抗など聞き入れるどころか、逆に夫婦揃ってお願いしないとピンタが飛んでくる。
あまりにも謝罪を続ける健太にはマサが蹴りをいれ、おとなしくさせた。
ショーが小枝子から抜いて、離れると小枝子のバギナからは今出したばかりのスペルマが溢れ出てきました。
それを見た健太は興奮してしまい、深くにも愚息を立たせてしまったのです。
それを見たショーは
「おお、おっさん、お立ててるじゃねぇか
おい、嬉しいか
ほら」
冷酷なピーは「おっさんセンズリ扱きたいんだろう
ははははは 
ほら、センズリ扱けよ」
健太はもう誘導されるように自慰を始めたのです。
マサが「汚ねぇよ、扱かせんなよ あとでおっさんにセンズリさせりゃいいじゃんか」
ピーは「そだね、おっさん、センズリ中止
ほら、やめろよ
それより、オマンコ汚ねぇだろう
マサができねぇだろう
おっさんが舐めてキレイにしなよ」
ショーが「はははは、お清めか はははは
おもしれぇ、やれ おっさん」
健太は小枝子の股間を舐め、お清めした。
マサは「オマンコする前に、おばさんのマンズリ見せてくれよ
おら、おばさん
本気でやんねぇとボコにすっからな! おら!」
小枝子はもう人形と化していた。
パンティーは片足にくくられたレイプそのものの姿で、スカートをあらわにして、男たちの見ている前で指をバギナへ向かわせたのです。
ピーは「おら、おばさん、クリも虐めたいだろう
自分でクリ虐めんだよ、好きだろう
おばさん
オマンコに指入れて出し入れするんだよ」
小枝子は片手でクリトリスを、そして、片手は指を2本、膣へ挿入して自慰を始めたのです。
無言でK・武雄が張り型を出してピーに渡した。
ピーはニヤっと嬉しそうな顔をして
「おばさん、これ、使ってあげるよ、舐めて、ほら」
張り型を小枝子の口へ持ってゆき、小枝子に一生懸命なめさせた。
そして、ピーは小枝子の膣へ張り型を挿入して激しい出し入れを始めた。
「あああ、あああ」
小枝子は明らかに感じ始めていた
ピーは追い討ちをかけるように「ほら、おばさん、マンズリなんだから自分でやれよ 」
小枝子は張り型を持ち、出し入れし始めた
ピーは「おばさん、何かっこつけてんだよ、早く出し入れしなきゃ感じねぇだろう」
小枝子は張り型を早く出し入れし出しました。
「おばさん、もっと早くやれよ、出し入れ早くすんだよ」
もともとレイプ願望と被虐願望の強い小枝子はとうとう理性を失いました。
「ああああ、くっ、狂っちゃう、あああ」
ピーは冷酷にも「狂えよおばさん、ほら、見てもらってんだから、みんなにお願いしなよ」
小枝子は完全に理性を失い
「あああ、イキそう、イクとこ見てて、早く動かすと感じちゃう
狂っちゃう」
そして
「いっ、イク」絶頂寸前でピーは小枝子の手を掴み、張り型の動きを止めさせ、張り型を抜いた。
「ははははは、おばさん 随分感じてんじゃん
オマンコ中出してもらって、マンズリで狂ってんだから、おばさん変態だね」
散々からかって、再び張り型の激しい出し入れの自慰を強制する。
そして、絶頂間際で制止し、からかう
小枝子の被虐願望に火がついてしまった。
「もう、おかしくなっちゃう、あああ、イカせて、お願い、イカせて」
するとピーはK・武雄に目配せして、また、契約書のような紙を小枝子に見せた。
「おばさん、これにサインしなよ
イカせてやるから
サインしなきゃ、ずっと寸止めだよ
ほら、サインしなよ」
書類には何が書いてあるのか健太にはわからなかった
小枝子はサインし、拇印を押した。
そして、再び自慰を再開したのですが、それでもピーは何度も寸止めをして小枝子を完全に狂わせた。
そして、オマンコ奴隷になります
命令されたら誰でもオマンコします。
犯してほしいの
誰にも中で出していただきます
自分からお願いします
などと言わされ、そのつど書類にサインと拇印を押したのです。
そして、張り型で絶頂のお許しが出たときにはかっくん、かっくん
激しい絶頂でした。
ピーは友達のショーやマサにやらせる小枝子が憎いのでしょうか・・・・・・・・
その後、また自慰を強制し、今後はすべて自分からお願いして犯されますと何度も誓わせて絶頂を許したのでした。
そして、マサにお願いして犯され、
勿論ナマで中出しを何度もお願いしました。
そのころにはショーも回復して、ショーが小枝子にお願いして中出しをさせ、また自慰をさせてマサが回復したらマサが犯す
この繰り返しでした。
ショーとマサは3回づつ中で射精を楽しみ、小枝子もくたくたになって立てないほどになっていました。

ピーは夫婦が望んだ証として、夫婦でのセックスを禁止し、夫婦に誓いを立てさせたのです。
健太にはその証として、小枝子のザーメンだらけのバギナを見ながらの自慰を命じたのです。
計画していたことでしょうか、最後には小枝子に貞操帯をつけさせ、キーはK・武雄が持ち、プレイは終わったのです。
K・武雄はこの日は何もしませんでした。
「小枝子、リングを入れろ、俺がついていってやる。明日、10時に池袋に来い」と言い残してショーとマサ、ピーを連れて先に出てゆきました。
翌日、健太と小枝子はまるで何も無かったかのような態度で過ごしていますが、小枝子は命令通り避妊処置に出かけました。
健太も寝取られ性癖が根底にあったのでしょう。
最後の自慰のときはやはり理性を失って、みっともない中年男の自慰姿をさらけ出しました。
小枝子もレイプ願望が強く、SM嗜好の女です。
自分が心のそこで望んでいた境遇に陥ってしまったことを、心の中で喜ぶんでいるのでしょうか。

コメント

憧れのハリーウィンストン

ハリーウィンストンの検索サイト。婚約指輪、結婚指輪、指輪、値段、銀座などハリーウィンストンに関する各種情報をお届けしています。 http://amateur.hartmerrell.com/

ボディケア

ボディケアを探すなら http://www.tsunamiya.com/100939/100960/

【バリンダイエット】

バリン(valine)は必須アミノ酸のうちで分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれるもののひとつです http://madman2.victoriaclippermagazine.com/

亜麻仁油でばっちりダイエット

亜麻仁油(フラックスシードオイル)は亜麻の種である亜麻仁からとれた油のことです http://mononoke.sabellsenterprises.com/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hotwife.blog62.fc2.com/tb.php/29-e432cfcc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。