FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝取られマゾからの便り 

寝取られマゾ夫から便りが来た

私には8歳年下の妻明美がおります。
明美とは職場結婚ですが、結婚前から明美の男性関係は派手でした。
女性に奥手の私は男性関係の噂の多い明美と会社の飲み会の帰りに電車が同じだったという理由で、二人で二次会へ行ったのがきっかけで付き合うようになりました。
私は会社のメンバーとは同性でもあまり付き合いが無かったので、誰と誰が付き合っているなどという噂間もあまり知りませんでした。
私は営業部、彼女は総務部で、佐藤総務次長と明美が不倫関係だという噂は聞いたことがあります。
明美は気さくで明るく、会社では制服に着替えていますが、たまにニーソックスにデニムのミニスカートなどそそられる姿で通勤していました。
明美の性格からか、男性に誘われるとほとんど断ることはなく、私の後輩が明美を誘って飲みに行き、ホテルへ行ったなどと話しをしているのを聞きましたが、私は半信半疑でした。
私と付き合う前に、私の営業のライバルの鈴木が明美と付き合っているという噂を聞きました。
鈴木は営業成績もよく、押しの強い男で、明美にはいつも命令調での会話でした。
「明美、お前今日7時にあの店で待ってろよ いいな」といった調子でした。
色々噂のある明美と付き合い出したのは偶然ですが、彼女はとても明るく、私を虜にしてしまいました。
明美にふしだらな噂があればあるほど、嫉妬が交差してよけい彼女を好きになってしまったのです。
そして、私は思い切って「他に好きな人がいてもいい、僕と結婚してくれ」とプロポーズしたのです。
彼女はノーとは言いませんでした。
しかし、イエスとも言わなかったのです。
そんな付き合いの中で、彼女が私と結婚してもいいと言い出しました。
その時、会社では鈴木と明美が別れたという噂が流れていました。
私はそれでもいいと思いました。
ただ、明美は結婚しても仕事は続けたいと言い、彼女の好きなようにと私は言いました。
そんな中で会社で明美と私が結婚するというと、周りからは思いもかけない事態になったのです。
鈴木のお下がりとか、佐藤次長の情婦と結婚といった嫌がらせのような噂です。
私が明美と結婚することへの嫉妬だと割り切りました。
そんな噂の中での結婚ですから、お互いに学生時代の友人だけを招いた小さいな結婚式をやりました。
私は明美とは婚前交渉はありませんでした。
初夜はとても緊張しました。
パーティーが終わり、ホテルで過ごす夜。。。。。。
彼女はいつものようにミニスカート姿です。
私は彼女に抱きつきました。
あの佐藤次長がこの身体を弄んだのだろうか。。。。。。。。。。。
あの鈴木が、あの児玉が。。。。。。。。。。。。
私は彼女の身体に触れるやいなや、愚息は硬直状態になりました。
息が荒くなり、声は上ずって話しもろくにできないぐらいの興奮状態になっていったのです。
私の好きな脚
太ももの頬ずりして
あとはどうなったかよくわからない状態でした。
気がついたときは明美に挿入してアッいう間に射精してしまったのです。

それまでおとなしかった明美が笑い出しました。
私は唖然としました
「フフフフ だって、あんまり早いから・・・・・・・・」
「いや、その、ごめん」
「いいのよ、いいの フフフフフ
あたしね、今まで随分男に抱かれてきたから・・・・・・
噂を聞いたことあるでしょう」
「えっ、あっ、噂なんて・・・・・ 信じてないよ・・・・・・・」
「そうなの・・・・・・・
佐藤次長と不倫してるし、鈴木さんとも関係あるし、まだまだ一杯
あなたはまじめなのね」
「不倫してるしって、まだ、その、続いているって事?」
「どうしようかしら フフフフフ」
「そんな、僕たち結婚したんだからさ」
「そう、でも、あなた ちょっと、それじゃあ
女の人満足させられないわよ フフフフ」
「あっ、そっ、その・・・・・・・・」
「まだ、婚姻届出してないから
 どうする?」
「どうするって、結婚するよ」
そんな会話の中で彼女は隠さず佐藤次長や鈴木、児玉たちと関係があることを告白しました。
27歳の乙女が言う事だろうかと思うほどの内容でした
児玉はただハンサムだから関係を迫られたら断らないという関係だそうです。
佐藤次長と鈴木はたまたま二人とも所謂サディストで、好きというより、一度関係したら離れられない身体が虜にされてしまったそうです。
私は明美からそんな話を聞いているうちに愚息が立ってきた事を隠そうとしました。
しかし、裸でバスタオルだけだったので明美にわかってしまったのです。
明美は私が嫉妬して興奮しているのを見ると
「判るわ、私もマゾだから
鈴木さんには本命の彼女がいるの、嫉妬して、嫉妬して、遊ばれるほど虜になった・・・・」
明美は、鈴木や佐藤とこれからも関係を続けることに自信を持ったといいました。
「ある意味であなたと私は立場が一緒なのよね、お似合い夫婦かもね」
どこが一緒なのだか・・・・・・・・・・・・
ほとんど私の了解はなしに、そう決められたのです。
そして、翌日
明美は本当に男慣れしているのでしょうか
夜は私がシャワーを浴びて出てくると
「あなたはね、手でしてあげるわ」
といって手で輪をつくり私の愚息を摩り出しました
佐藤次長や鈴木たちと関係を続けるという宣言が頭から離れない私は逆に興奮してしまいます。
片方の手で袋まで摩られるその手コキにものの2分程度で絶頂を向かえてしまいました。
私が「イク」っと言うと
彼女は目を細めてピューツ、ピューッと射精を確認すると摩る早さをゆっくりにしてゆきます。
本当に心得ているというか、私は彼女の手の虜になってしまいました。
そして、私の性処理を終えると
「どうする?本当に婚姻届出していいのね?」
この日から寝取られ夫の生活が始まったのです

支配欲の強い男 


前にあったヤクザ風の男とまた酒を飲んだ。
コンビにでバイトしている主婦沙代子を見ていい女だと思ったという。
沙代子は髪が長く、30歳前後の素敵な主婦らしい
ヤクザ男は沙代子にわざとらしい質問などをして強引に顔見知りになった。
そして、帰る時間を聞き出し、帰りに待ち構えて
「飯を付き合え」
「家に帰らないといけないです」
「いいから付き合え」
と強引に誘った
そして、ヤクザ男は居酒屋で酒を飲ませ、強引にホテルへ連れ込んだという
強姦まがいだというと
そうではないとはっきり言う
よくわからない
男はセックスには相当自信があった
女を誑し込んだりするのは職業のようなもんだ
始めて誘い込んだ主婦であっても遠慮などしない
バイブだの性的な攻撃道具を使い、主婦を感じさせた
バイブで自慰を命じ狂うまでさせたり
ほとんど命令で自分から男をおねだりさせたという
しかし、沙代子はマゾだった
嫌だといいながらも
被虐的で異常な雰囲気の行為に蜜壷をぬらした 

そして翌日も、その翌日も
男は沙代子を抱いた
一日ごとに沙代子は男の虜に陥っていったという

さらに驚いたことに
沙代子の亭主は毎晩パート時間が終わっても帰ってこない妻を疑い
浮気しているんじゃないかと問いただした
それを聞いたヤクザ男は沙代子の亭主を連れて来いと命じた

亭主は何事かと呼び出されるといきなりヤクザ風の男が沙代子の肩を抱いていた
そしてその場で亭主も連れてホテルへ行った
亭主の目の前で沙代子を抱くために

男の命じるまま亭主は裸で行為を見守らせたという
男は亭主の前で沙代子におねだりを命じたり
夫の前では言ってはいけない言葉を言わせた

亭主もマゾでその被虐的な雰囲気に愚息を立ててしまった
それを察した男は
沙代子に始めて膣○射精を宣言した
亭主は中○しだけは とすがった
男は逆に亭主に「お前から俺にお願いしろ」と命じた
そして亭主の目の前で思いを遂げた
沙代子のバギナ周辺の後始末を命ずると亭主は無意識にも自慰をしながら沙代子のバギナをお清めしたという
男は亭主に
「沙代子には指一本触れるんじゃねぇぞ」
「あっ、はっ、はい」
「いつもそうやってテメェでやれ
 いいな!」
「あっ、はい」
「何がはいだ、テメェでセンズリで処理しますって誓え!」
亭主は被虐的興奮を覚え、その日もう一度自慰で興奮を鎮めたという

それからこのヤクザ風の男は幸せな毎日を送っていると自慢している
沙代子の亭主は完全に寝取られマゾに飼育されてしまったらしい

自分から寝取られマゾ亭主になった男 

このマゾ亭主は自分から寝取られマゾに目覚めてしまったという
自分の愛妻の不倫相手と飲み友達として近づき
妻の不倫を暴こうと不倫相手の話を聞いているうちに興奮してしまう自分がいた

そして、事もあろうに
避妊せずに中で出してみたらいいなどと
アブノーマルなことまでけしかけた
そして夫婦の交渉を禁止してみろとまで

それは自分が命じられることへの興奮とある種の憧れか

大丈夫だろう
その亭主はきっと寝取られマゾっていう性癖なんじゃないか
などと不倫相手をけしかけて

とうとう亭主に公認させろとまでアドバイスしてしまったという
不倫男は そんな事言わせたら慰謝料取られるだろうといった
そこで その人妻に好きな人ができたがまだ肉体関係はないと
離婚するか公認するかと迫れば公認するだろうと

このマゾ亭主は自ら自分を追い詰めて行ったのだという

そして、間男を主様と呼ばせろなど
すべてはマゾ亭主の願望から始まったものだという

そしてその主様の命じた通り自分の妻が

『あなた、まだ関係はないけど好きな人ができたの
離婚する?
それとも公認する?』
と迫られた

勿論寝取られマゾにとってはそれが願望だ
公認すると妻に伝えた
するとそれなら彼とこれから肉体関係を持つと
夫婦の関係は無しと宣告され

あまりの興奮にその場で自慰行為に至ったという
マゾ亭主の妻は呆れ顔で
ただじっと亭主の目を見つめていた

マゾ亭主はそれがまた興奮して
我慢できず
すぐに射精に至ったという

哀れマゾ亭主というべきか
それともめでたくマゾ亭主になれたとでもいうか

寝取られマゾ 

他の寝取られM夫からメールがきた
このM夫は36歳で妻は33歳で結婚して4年だそうだ。
結婚後2年ぐらで妻が浮気をするよになったという。
最初はわからなかった・・・・・・・・・・・
夜よく、用事があると出かけるようになった
妻の浮気を疑った

妻を愛するM夫は黙って観察しているだけだ
思い切って会社を休み、妻を尾行した

妻は案の定
男と酒を飲み、とあるマンションへ男と入っていった
その男が住んでいるマンションなのだろうか・・・・・・・

こんどはM夫は相手の男に近づこうと尾行した
そして、小さな居酒屋に男が入ったのきっかけに偶然を装って居酒屋に入った

幸い隣の席があいていて男と偶然のように話しをした
そしてその男に取り入り、飲み友達を装った

男は『人妻と付き合っている』
といった
勿論、その人妻とはM夫の妻である

面白がるふりをしてどんなセックスをしたのかなどを聞きだした
最初は妻の浮気を暴いてやろうとい思っていたこのM夫は、その男が単に性欲処理に人妻を抱きたいと思っていることなどを聞いているうちに

興奮している自分に気がついた
そして、家では一人狂ったように自慰に明け暮れるようになったという


M夫は自分が完全に寝取られマゾであることを意識した
そして、マゾの心理を告白した

何故そう願うのかわからない
ただ、その男には満足して妻を抱いて欲しいと願うようになった
できればコンドームなどせずに中で出して楽しんで欲しいと・・・・・

そして、とうとう中出しして、夫婦のセックスを完全禁止させたらどうだろうと助言までした

男は独占欲の強い男だという
命じてみるといった


男が妻に膣内射精を楽しみ、夫婦のセックス禁止を命じたその翌晩
妻に迫ってみた

妻は拒否した

それからがマゾ生活の第一歩だったらしい

寝取られマゾの喜び 

マゾ亭主はセックスを禁止され、愛する妻を俺が好きに抱いていることに嫉妬しているそして、倒錯的な興奮の中で夜な夜な自慰に明け暮れている
マゾ亭主は
      寝取っていただいてありがとうございます
      興奮して 毎日自分でオナニーしています
      
お情けやご褒美はなしだぞとメールを出してやると
  
      お情けなしでかまいません

手のつけようもない寝取られマゾの重症だ

マゾ人妻に確認してみると、忠実に自分で処理しているという
マゾ妻にオナニーを見てくれというらしい
マゾ妻には、亭主は一人でシコシコするよう言えと命じた

そしてこのマゾ亭主は事もあろうに

自分でオナニーで処理していることを俺に伝えてくれ

マゾ人妻は例のリングをはめて犯すと狂い、理性を失う

マゾ亭主の性癖などどうでもいい、どうせ夫婦のセックスなどさせるつもりはない


寝取られマゾと云う性癖は俺にとって都合がいい

まぁ、マゾ亭主はそれがいいのだから世の中上手くいくもんだ

0000-2.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。