FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パートナー 

人妻を好きに調教し、それから亭主までも調教するというのは至難の技だ。
しかし、俺には奥の手がある。
マゾ亭主を調教するのにいつも活躍してもらうパートナーがいる。
J子はどうしても支配したい人妻だ、パートナーに一役かってもらうことにした。
J子に関してはやや急いでいる自分がいた。
本当に気に入ったのだ。

さて、パートーナーとは女性なのだ。
仮に庸子としておこう
庸子は風俗の経験がある。
最初は性感、イメクラで働いていたが、SMクラブのS女性は楽で金がいい
そこで庸子はSMクラブで4年働いたと言う経験がある。
現在は34歳で、スレンダー、身長は174センチ、なかなかいい女だ
いい女というより、かっこいい女という感じだ
俺さえも庸子に手コキをおねだりした事もあるほどだ

庸子は4年の間にほとんど毎日のように客のマゾ男たちが自慰で果てる姿を見てきた。
そしてマゾとは贅沢なもので、自分の好みのシチュエーションをしてもらわないとダメという勝手な性癖だ。
庸子は仕事がら男の特殊性癖をすべてを知り尽くしている
マゾ男はオナニー強制をされるのを心で望んでいる
そして女性に見てもらいながら射精まで行う。
それで満足するわけだ
SMプレイの色々は、強制オナニーにいたるまでの盛り上げるような演出効果にすぎない。
マゾは常に自分が主人公で、ある種のナルシストなのだ。
しkし、寝取られマゾと言う性癖とは若干種類が違うようだ。
ただ、共通しているのはセックス行為そのものより自慰で処理することを好む事ではないだろうか。
庸子の前でひれ伏し、男としてとても他人に言えないような行為
マスターベーションを命令してもらって、いい年のオッサンたちがセンズリで悶えて喜びの声をあげるわけだ。
数年で数千人の男たちが庸子の前で屈服し、そして自慰で果てた。
このため庸子はまともに男というものを見れなくなっている。
そうした心情がよけいサディスティックな面を形成し、女王様としても、痴女としても物凄いテクニックを自然に身につけるまでに成長してしまったという経緯がある。

さぁ、J子の亭主を庸子に調教させるわけだが、このきっかけは以外に簡単だ。
J子に図らせて、庸子をJ子夫婦の家に遊びに行かせた。
J子はシナリオ通りに行動する。

自分の友人だと間抜けな亭主に紹介する。
そして、決めた時間に俺がJ子の携帯に電話する
そして、少しの間だが、どうしても出かけなくてはならなくなったと
それで庸子と旦那の二人きりにするわけだ

俺は駅まで来て待っていた
J子は駅にやってきて、言われたとおりにしたという
40分後に間抜け旦那と庸子のいる家に俺とJ子で踏み込むというシナリオだ。
そして、庸子が強引に誘惑しておいて、俺たちが登場すると
庸子は旦那に誘惑されたという事になっている

考えてみれば哀れな亭主だ・・・・・・・・・
そして、約束の時間になった。
J子と俺は急いで家の中に入ってリビングまで行った
さすが庸子だ
旦那は裸で庸子が手こきをしている最中だった
そこで俺が
「おい、庸子に何した!」と怒鳴る
すると庸子は
「犯されそうになったの、だから、だから手でして
そうしか仕方がなかったのよ」
亭主はうろたえた
「違う、そっ、そんな、よ、庸子さん、ちっちがう」
J子は
「あなた、何やってんのよ」
もう亭主は言い訳もなかった
一人裸なのだから (笑
そこで、俺は
「お前!それならいい
お前は俺と庸子の言う事はなんでも聞け!
俺もJ子の身体を好きにする
いいな
文句ねぇな!」

庸子は
「まったく変態なんだから
一人で裸になって、祖チンさらして
J子さん
ご主人は私がすこし調教するわよ
○夫! いいわね」



コメント

アラートカードで安心の30代,40代の転職

アラートカードとは、正確には「メディカル・アラート・カード(患者カード)」といい、自分の持病などが記載された英文のカードのことをいう http://express.misterblackband.com/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hotwife.blog62.fc2.com/tb.php/35-b7d0bfd4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。